30代副業OLもっさんの自由への道♡

30代副業OLもっさんが年間休日105日、月収20万円のなかで整体、マッサージ、 海外旅行についてお役に立つ情報を綴ります。 普段の生活のなかで上手くいかないことがあったとしても、 第2のコミュニティとして、ネットの世界で、前向きに生きていけると伝えたいです。

【舞台】【かわいいコンビニ店員飯田さん】【Good Morning Comedy】舞台見て来た

f:id:mossan2017:20170704075957j:plain

 

かわいいコンビニ店員飯田さん企画の

舞台を観に行きました。

 

この舞台は、私の前の会社の同僚である

鈴木さんが作品の執筆、演出に関わっております。

 

私は鈴木さんの舞台を

何度も見に行ったことがあり、

今回も面白かったです。

 

鈴木さんは一言でいえば、

芸人さんです。

 

実際は演出家、役者さんなので、

芸人さんではないのですが、

計算された笑いを提供するのが

上手です。

 

今回の題材は私のなかで

イムリーな話題だったので

鈴木さんは時代の流れを読んでいるなと

思いました。

 

イムリーな話題というのは、

メンタルクリニック

Youtuber

を題材としていたところです。

 

私は今年の4月、5月に

メンタルクリニック

少し通っていました。

 

今回の舞台を通して思ったことは、

メンタルクリニックに通うことは、

舞台の題材になるくらいだから、 

それ程敷居が高いところではないんだなと

思えたことです。

 

鈴木さんの舞台は

人々に共感を与えることで

笑いを取っていると思われます。

その為、身近なことをテーマにしています。

 

ネタバレしますが、

今回の短編コメディ2作品目である、

『教師として』は、

中学校のサッカー部顧問をしている二人の先生が、

片親家庭の中学校の教え子が、

高校に進学せずに働くことを決断したという

トーリーになります。

 

その教え子が学校卒業後なる職業が、

Youtuberになるとのことでした。

 

そこで、二人の先生達は

賛否両論の意見が交わされるのですが、

意見を交わしている内に、

実は先生二人もYoutuberだったという

オチになります。

 

Youtuberがタイムリーな話題と思えたのは、

私は最近、ネットビジネスを始めたからです。

 

ちなみに私はYoutuberではありません。

 

ただ、Youtuberが視聴者に求められていることと

私がやっている

ネットビジネスで求められていることは

顧客のニーズに応えるという意味で、

共通している気がします。

 

そういう意味では、

今回の舞台は、

個人でビジネスをやっている人に、

共感できるところがあり、

面白い内容だったと思います。

 

ホーム - かわいいコンビニ店員飯田さん ホームページ

 

Good Morning Comedy#4

『四臓六腑』

【作・演出】
鈴木タケシ(かわいいコンビニ店員飯田さん)

【出演】
池内風
鈴木タケシ
辻響平
(以上 かわいいコンビニ店員飯田さん)

北尾誠(MICOSHI COMPLEX)
小岩崎小恵(ポップンマッシュルームチキン野郎)

 

【鈴木さんの舞台を見ることによる効用】

・笑顔になる

・ストレス解消

・人と話す話題が作れる

 

 【この記事を書いている人】

整体、マッサージ、海外旅行、国内旅行、

お菓子、デザート、パンダが大好きな

30代前半会社員のもっさんと申します。

 

好きなときに好きなことが出来て、

時間と資金の配分を自由に決めることができるライフスタイルを

誰もが実現できるように日々奮闘しております。

あなたのお役に立てればと思います。

 

【もっさんがこのブログを通して

 あなたにお伝えしたいこと】

 

 ①人から感謝される仕事をすること

②人に役に立つ情報を提供すること

③誰もが仕事とプライベートの

 時間と資金の配分を

 自由に決めることが出来ること

④知らないことにより損している人 を減らして、

 選択肢の幅を広めること。

⑤日本、海外問わず友達を増やし、

     毎日お喋りしたいこと。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。